トベラの臭い

どんな臭い?特徴、症状



トベラとは街路樹などに使われることの多い植物で、きれいな赤い実をつけることが特徴です。枝葉は少し独特な匂いをしています。おそらく独特な匂いということから英名では「チーズの木」とも言われています。実際に枝葉を折ってみるとクサイです。

ここから由来しているのでしょうが、女性の陰部がクサイことを隠語で「トベラ」とも言われています。一般的には「すそわきが」や「スソガ」なんて呼ばれ方をしています。

「すそわきが」なんて呼ばれているくらいですから、ワキガに近い臭いを想像すると思いますが、ちょっと違います。具体的には

・すっぱい
・雑巾の臭い
・イカ臭い

こんな感じの臭いです。

もし自分が「トベラ」「すそわきが」なんて思われていたら嫌ですよね。実際にこのことが原因でいじめにあったり、彼氏と別れたという人はたくさんいます。

もしあなたが不安に思っているなら、自分がトベラなのかを確認してみましょう。少し怖いかもしれませんが、現実を知って解決できたら、この先の人生はガラッと変わります。トベラと思われるのが心配で積極的な恋愛ができないなんてもったいないですからね。

このサイトではトベラのセルフチェック方法と、解決方法を載せています。参考にしてください。

自分でわかる?セルフチェック



・遺伝
トベラやワキガのほとんどは遺伝によるものと言われています。遺伝する確率は両親のどちらかがワキガ体質なら50%、両親ともワキガ体質なら80%とも言われています。スソガ、ワキガは体臭の一種なので人に移る、人から移されるということはありません。性交渉後に相手の臭いが付着して「移ったのでは?」と誤解する人も多いようですが、シャワーで洗い流せば臭いもちゃんと落ちます。

・下着に黄色いシミ
下着についた黄色いシミでチェックする方法もありますが、トベラによるものではなくて、単純に尿がついてしまっている可能性もあります。ですから新しいパンツを履いて2、3時間過ごしていただき臭いを確認する方法をオススメします。

もしくはパンツのIラインが当たる部分にガーゼやコットンを当てて確認するのもOKです。黄ばみや独特な臭いを感じたらトベラの可能性があります。

パンツが黄ばむということは体臭の元になる「アポクリン汗腺」からの分泌物が多いということです。

※アポクリン汗腺についてはこちらーーーーリンク;wiki、コトバンク、自分で書く


・耳垢が湿っている
耳垢でトベラのチェックができる理由は、耳垢が湿っている人は腋臭症が多いことが分かっているからです。耳垢が湿っている人は粘液性の汗を分泌するアポクリン汗腺が多いということがわかっています。このアポクリン汗腺は特定の部分に存在していて

・わきの下
・外陰部
・肛門周辺
・乳輪
・外耳道

にあります。つまりトベラの臭いの元は耳にもデリケートゾーンにも共通してあるということです。

人間の耳垢はカサカサに乾燥しているタイプと湿っているウェットタイプに分かれています。カサカサタイプはワキガ体質ではないのでトベラの可能性は低いですが、ウェットタイプの人はアポクリン汗腺が多いのでワキガ体質ということなのです。

・アンダーヘアが濃い
アンダーヘアが濃いと熱や湿気が籠り雑菌が繁殖しやすい環境になります。また毛が薄い人に比べて洗い残しもあると思うのでトベラになる可能性は増えそうです。

またムレると痒くなります。強くかいてしまったところが炎症を起こして菌が繁殖しやすくなってしまうこともあるでしょう。

アンダーヘアが濃いと感じる人は通気性の良い下着を着けるか、脱毛サロンで処理してしまうのも良いでしょう。ツルツルになるのは抵抗があると思うので、毛の量を減らすだけでも効果はあると思います。お店に相談してみてください。

ただし、毛の処理を自分でやるのはオススメしません。間違って傷つけてしまえば傷口が炎症を起こして更に臭いを悪化させてしまうことがあります。

・人から指摘された
彼氏や旦那さんに言われたのであれば傷付きますよね。でも世の中こういう話は言わずにセックスレスになってしまうカップルがほとんどです。きっとお相手の方も「あなたなら前向きに捉えてくれるはず」と思って勇気を出して言ってくれたのでしょう。

「あれぇ、ちょっと臭うなぁ?」
「なんか臭くなぁい?」

みたいに、気まずくならないようにあえて軽い感じで言ったのかもしれません。そりゃ言われた方は泣きたくなりますが・・・。

でも、これをきっかけに解決したら人生変わります。実はアソコの臭い対策はたくさんあります。あなたに合った方法を試してみてくださいね。

トベラはうつる?



トベラは感染することはありませんが、一時的に臭い移りすることはあるでしょう。陰部は毛が密集しているので洗ってもなかなか臭いが落ちないこともありますが、よく洗えば長くても2、3日で臭いは落ちます。通常は洗えばすぐに臭い落ちします。前述しましたが、トベラの原因のほとんどは遺伝によるものです。

遺伝と言われても全く心当たりがない人は、子宮内膜炎のような病気の可能性もあります。また性交渉をきっかけに臭いを感じるようになった人は性病の疑いもあります。

・子宮内膜症
子宮内膜症は、生理の際の経血の一部が卵管を通じて腹腔へ逆流して、子宮以外のところで子宮内膜と似たものを作ってしまう症状です。子宮以外の場所でそれができてしまうと血液を排出できないため、汚い血が体内に溜まっていき、いずれ痛みを伴います。

このとき、白や黄色のオリモノが出ることが多いのですが、酸味の強い臭いだったり悪臭を放つことはあまり無いようです。ただし放っておくと卵巣ガンに発展してしまう可能性もありますし、激痛を伴うので早めの受信をオススメします。

・子宮頸がん
ガンが進行すると性行為時の不正出血や臭い赤いオリモノが見られます。ガンの初期段階である上皮内ガンの時は症状が出ない人が多く気付かないで進行していることも多いのも特徴です。早期発見が大事なので、ちょっとでも気になったら早めに受診しましょう。


・細菌性膣炎
この病気の特徴は、オリモノが生臭く量が多くなる。また膣周りが痒くなるというものです。これは風邪やストレスで発症するので以外に身近な病気です。そして生理や疲れなどで繰り返し発症してしまします。
健康な時は悪い細菌をやっつけてくれているものですが、弱ってくると自浄作用が低下してしまいます。
食生活や生活リズムの見直しが必要ですが、症状が出てしまったら病院に行くのがいいでしょう。


・トリコモナス膣炎
これはあまり聞きなれない症状かもしれませんが、膣トリコモナス原虫が腟内に住み着いてしまって起こる感染症です。具体的な症状は

・おりものが黄ばんでおり泡立っている
・膣に斑点状の出血
・膣壁の粘膜がいつもより赤い

というものです。

基本的には性行為により感染しますが、感染経路が複数あり性交渉が未経験の女性や子供にも見られる症状です。パートナー間で感染を繰り返すので一人が感染したままだと再発します。また浴槽や下着、タオル、便器からでも感染することもあります。


・老人性膣炎
加齢による自浄作用が弱まり細菌に感染する症状です。60歳以上の女性に多く見られますが、健康な女性でも約半数は何らかの膣萎縮症状が認められると言われています。具体的な症状は

・おりものが臭う
・おりものが増えた
・頻尿
・外陰部が痒い
・膣が乾燥した感じ
・性行時に痛みを感じる

ホルモンバランスの乱れから症状が現れることがあるようなので病院で確認するといいでしょう。

手術で治す?



トベラの悩みを解決する方法の一つに手術があります。手術と言っても、トベラ治療は患部にメスを入れる方法とメスを入れない方法があります。またほとんどの場合は保険適用外なので治療費は30万円以上のクリニックが多いです。


・メスを入れる手術

超音波吸引
下腹部に数ミリの穴を開けて超音波メスを入れます。超音波でアポクリン汗腺を壊して吸引するという方法ですが、お医者さんが目で確認しながら除去するわけではないので取り残しがあるようです。臭いを完全に消すのは難しいようです。
※「皮下組織削除法」の紹介をしているサイトを見かけますが、スソワキガでの切開手術は超音波吸引だけです。
※皮下組織削除法とは
ワキガの原因はアポクリン汗腺なので、アポクリン汗腺を取り除いてしまうという単純明快な手術です。数センチ切開して専用の器具で削り取る感じです。お医者さんが目で確認しながら除去するので効果は高いようですが傷は少し残ります。


・メスを入れない治療
@ビューホット治療
高周波によるワキガ治療です。患部に照射するだけなので体への負担もありません。スソワキガ、チチガ、肛門ワキガにも対応していますが治療費はやはり35万円程度で高額です。

Aボトックス治療
ボトックスという薬剤を患部に注射してスソガの原因である汗を抑えるという治療です。脱毛と併せて行なうと効果的です。ただしボトックスの効果は6ヶ月程度なので定期的に注射する必要があります。(某クリニックで1回8万円)

トベラになりやすい食べ物って?

●肉食で発症しやすくなる
動物性タンパク質や動物性脂質は体臭をキツくするので避けた方がいいです。例えば

・牛肉、豚肉
・チーズ、バターなどの乳製品
・うなぎ
・ラード

などです。

※動物性タンパク質はアクポリン汗腺を刺激するので、トベラ臭を強めてしまいます。
※動物性脂質は皮脂や油の分泌が増えるので、ニオイの原因である雑菌の繁殖を活発化させてしまいます。

●アルコール
アルコールはトベラ臭と無関係に思えるかもしれませんが、アルコールは発汗作用があります。つまりアクポリン汗腺が刺激されるということです。またアルコールじゃ臭いを外に出そうという働きがあるので、トベラ臭で悩んでいる人にはオススメできません。

●香辛料
香辛料は発汗作用があるのでアクポリン汗腺を刺激するため取り過ぎは禁物です。

●キムチ、納豆、ニンニクなど臭いの強い食べ物
人間を含む動物の体は食べ物で形成されています。ですから臭いの強いものを多く食べていたら体臭も強くなっていきます。

じゃあ、良い食べ物は?

動物性タンパク質は体臭を強くしてしまうのですが、健康を考えると摂取しないわけにはいきません。ですから肉食から魚食に切り替えるといいです。
魚はDHAやEPAが豊富で血液の流れをスムーズにしてくれます。つまり代謝が良くなるので老廃物の排出も活発になり、体臭予防が期待できるのです。もともと日本人は魚を食べる民族なので、日本人に合った対策です。

それから野菜や海藻、果物も体臭予防の効果が期待できます。

あとは料理に使う油も動物性油脂から植物性油脂にすることをオススメします。最近のオリーブオイルは種類も豊富だから味の変化も楽しめて一石二鳥だと思います。

アルコール

アルコールを飲むと体が熱くなりますよね。ですから汗をかきやすくなります。さらにアルコールには体臭を外に出そうという働きがあるのでトベラ臭を強めてしまうことに。多少の飲酒はいいですが、飲み過ぎは注意です。

入浴

食事や生活習慣を改善しても、体質改善されて効果が現れるまでには何ヶ月も掛かります。すぐに効果が期待できるのは入浴時、入浴後の改善です。

女性のアソコは繊細です。通常のボディーソープで同じように洗っていると、洗浄力が強すぎるため、無意識のうちに痛めつけている可能性があります。専用の石鹸などで優しく洗ってあげるのがオススメです。

※オススメの石けんはこちら;リンク

また、臭いの原因のひとつに「汗がこもる」というのが考えられます。トベラでない人でも1日中着けていた下着は臭うものです。ですからトベラが不安な人はもっと注意しましょう。

注意するポイントは入浴後です。

入浴後、湿気を持ったままピタッとした下着を着けると、就寝中に臭いが発生してしまします。寝るときは男性用トランクスやノーパンにパジャマみたいなスタイルがいいですよ。

実は大抵の人はこれで解決できるようです。心配なら入浴後に専用のデオドラントクリームを塗ったり、入浴時は専用ソープでアソコを洗うなどしたら心配ないですね。

※オススメのデオドラントはこちら;リンク

 

サイトマップ